カテゴリ:映画日記( 22 )


2008年 07月 27日

ハプニング

去年からずっと見たかった映画、シャマラン監督の「ハプニング」を見てきました。
シャマラン監督は大好き。気が抜けないし、全体的に暗い雰囲気と、音楽が好き。見終わった後はなんだか考えてしまうことも多い。
「ハプニング」はネットで検索してみると、賛否両論どころか、批判の意見が多かったみたいなので、どんなものかと思ってました。
シックスセンスやアンブレイカブルみたいな「えーーーーっ!」っていう感覚はなかったけど、
私的にはけっこう良かった。

最近は最悪な事態が起こった原因を政府の陰謀とか、国家レベルの実験におさめてしまうものが多く、一人一人が自分たちの行動まで考えるという気にはならなかったけど、「ハプニンング」はそれを覆すような感じに思えて、またまたいろいろ考えさせられました。
あまり難しいことは考えれない私ですが、良かったです。

by bilibilistudio | 2008-07-27 00:46 | 映画日記
2008年 06月 11日

ジプシーキャラバン

ディジュの先生を迎え、ディジュワークショップ!先生は最近高知にやってきたエドウィン先生!
第1回は「バンブーディジュを作ろう」

ということで、6月上旬にやったよ。
雨の中、山行って、竹切って、穴開けて、あれやって、これやって、、、。
重いもの持てない私は、最後の1本をバーナーで、ゴーゴー。
ボンド塗ったくって、乾かし待ち。
その間に前に作ったディジュでレッスン開始!
はあ?
コンテンポラリー?
トラディショナル〜〜〜〜?
そんなんはとりあえず、おいといて〜〜〜。

さすが、本場で修行したエドウィン先生。
(エドウィン先生と言っても、外国人じゃありません。奈良県出身の好青年。
アボリジニのとこにホームステイしたときに交換した名前らしい。)
教え方も素晴らしい!
循環呼吸もたどたどしいながらに続きだした!
この調子だと上達しそーーー。がんばろーーー。民族楽器ってはまるよ〜〜〜〜!!!
目指せディジュマスター!!!

と音楽つながりで、告知です
e0093733_21554325.jpg
NPOこうちコミュニティシネマ第33回上映会
ジプシー・キャラバン
(2006年/アメリカ /115分 )

血の音楽。そのルーツを巡って
ロマ(ジプシー)音楽といっても、その形態はさまざま。北インドを発祥とするロマの人々の音楽は、移動を重ねるごとにその土地の音楽を取り込み、独特のミクスチャー音楽を作り上げてきた。この『ジプシー・キャラバン』に登場するバンドの使用楽器もバラバラで、民族音楽からポルカ、フラメンコまで音楽性も多様。しかしその底には共通するものも流れている。それは彼らの血に流れる「生きる歓びや悲しみ」のストレートな発露だ。遠く離れて活動をしてきたそれぞれのバンドが、ツアーを通じてお互いの共通性を感じとっていく姿は感動的。


上映日/2008年6月20日(金) 13:10 OPEN
●13:20〜 ●15:25〜 ●17:30〜 ●19:35〜21:30

■高知県立美術館ホール
前売一般/1200円、当日一般/1500円、シニア(60歳以上)1,000円(当日同じ)
※チケットは高新PG、高知県民文化ホール、高知県立美術館ホール等で発売中。

監督・脚本/ジャスミン・デラル
出演/ タラフ・ドゥ・ハイドゥークス、エスマ、アントニオ・エル・ビバ・フラメンコ・アンサンブル、ファンファーラ・チョクルリーア、マハラジャ
公式HP
【ストーリー】
ロマ(ジプシー)はインドにルーツを持つ移動型民族。世界中に散らばって生活をしているが、とくに東欧や南欧に多い。そのロマの人々が住むスペイン、ルーマニア、マケドニア、インドの4つの国から来た5つのバンドが、6週間かけて北米諸都市を回るという「ジプシーキャラバン・ツアー」が行われた。カメラはそのステージの模様やツアー間のバンドの表情だけではなく、メンバーそれぞれの故郷にも向かい、その音楽的ルーツを探る。

by bilibilistudio | 2008-06-11 21:58 | 映画日記
2008年 04月 29日

シネマの食堂まもなく開催!

5月2日から、「シネマの食堂」がスタートします。
e0093733_14255397.jpg


高知県内の自主上映団体が連携して作品上映を行う企画で、5月2日から始まり、8月まで約30本が各地で上映されます。
シネマの食堂ホームページ

オープニング作品は「たゆたう」
クラムボンが楽曲を作る過程を記録した
ドキュメンタリー映画です。
会場●高知県立美術館ホール
主催●グラフィティ 088-878-0051
ヴォーカルの原田郁子さん本人が会場でトークイベントも行います。
詳細はシネマの食堂ホームページにて!

私がいてるこうちコミュニティシネマも、‘07年度アカデミー賞オリジナル歌曲賞を受賞した「onceダブリンの街角で」で参加します。[5月21日]
音楽やってる人にはぜひ見てもらいたい映画です。なので、ダブリン当日は、楽器を持って来た人割引ってのもあります。
またあらためて告知しますよーーー!

シネマの食堂では、各上映会に参加したときに押してもらえるはんこを3つ集めると応募できるスタンプラリーも行われます。
で、1等賞は映画鑑賞券とオリジナル手ぬぐいが20名さまに当たりますよーーー。わおっ!
映画をテーマにしたイラストで高知のアーティストが1枚のテヌブイにて共演してます。参加アーティスト=石井葉子、柴田ケイコ、デハラユキノリ、村岡マサヒロ、万里ちんゲール、なかひらじゅんこ、その他。
私は、チェブラって、ゲバラってナチョリました。↓
e0093733_14333065.jpg


by bilibilistudio | 2008-04-29 14:29 | 映画日記
2008年 03月 16日

やわらかい手

こうちコミュニティシネマの上映会のお知らせです!

普通の主婦が迷い込んだ"ラッキー・ホール"。そこには思いがけない発見と幸せが待っていた。 やわらかい手』は、何が起きるかわからない人生そのものを見事にすくい上げ、その痛快なラストには思わず拍手を送りたくなる素晴らしい人生の逆転劇。愛する者のために身を挺す一人の女性の姿を通して、愛はどんな世界でも何よりも強く美しく、どんなときも誇りを失わずに崖っぷちで踏ん張る勇気を与えてくれる。観客は、刺激的な性風俗の世界への覗き見的な興味から、しだいに強くて優しい主人公・マギーの母性的な魅力に心奪われ、その底力が発揮されるときの痛快さに喝采を叫ぶ。
2007年ベルリン国際映画祭で、鳴り止まない拍手と喝采を浴びた話題の映画。

e0093733_13133089.jpgNPOこうちコミュニティシネマ第30回上映会
『やわらかい手』
(2006年/イギリス=フランス=ベルギー=ドイツ /103分)
上映日/2008年3月25日(火) 13:30開場
13:40〜/15:40〜/17:40〜/19:40〜21:26終映
■高知県立美術館ホール
前売一般/1200円、当日一般/1500円、シニア(60歳以上)1,000円(当日同じ)
※チケットは高新PG、高知県民文化ホール、高知県立美術館ホール等で発売中。
監督/サム・ガルバルスキ
出演/ マリアンヌ・フェイスフル 、 ミキ・マノイロヴィッチ 、 ケヴィン・ビショップ 、 シボーン・ヒューレット 、 ドルカ・グリルシュ
公式HP

私はこの日は美術館でチケットもぎったりしてます。映画がみたい人はチケットを前売り価格でおとり置きしますので、私までメールください。

by bilibilistudio | 2008-03-16 23:13 | 映画日記
2008年 02月 17日

ミルコのひかり

わすれてましたっ!
2月のコミュニティシネマ上映会情報です!
数々の賞を獲ってきた話題のイタリア映画ですよ〜。

e0093733_17341090.jpgNPOこうちコミュニティシネマ 第29回上映会
『ミルコのひかり』(イタリア/2005年/100分)

●日時 2月19日(火)
①14:00~ 
②15:50~ 
③17:40~ 
④19:30~21:10終映

●場所 高知県民文化ホール(グリーン)
●料金 前売一般1500円、当日一般1800円、中高生1300円、シニア1000円
●内容 
1971年、イタリアのトスカーナ地方で、10歳のミルコ(ルカ・カプリオッティ)は銃の暴発により視力を失う。視覚障害者は特殊学校に入るという当時の法律により、彼はジェノヴァの全寮制の盲学校に転校する。新生活になじめないミルコは、寮母の娘フランチェスカ(フランチェスカ・マトゥランツァ)と2人で“音”を集め始める。 2006年サン・パウロ国際映画祭観客賞受賞、2007年モントリオール国際児童映画祭グランプリ受賞作品。

公式サイト


チケットの取り置きも致しますので、御希望の方は「名前」「枚数」「連絡先」を明記の上、メールください♪

by bilibilistudio | 2008-02-17 17:34 | 映画日記
2008年 02月 08日

求愛ダンス

earthを見てきました。
壮大できれいな映像と音!
同じ地球???CGじゃないの???みたいなめっちゃきれいな地球。
&動物たちの姿。

使い回しの映像という意見もありますが、やっぱり映画館で見てよかったなあと思いました。

すっごいきれいな地球。
でもそんな地球の現実。

今日からもっと、真剣に考えないとね。

それにしても、かんざしふうちょうの求愛ダンスが頭から離れません。

by bilibilistudio | 2008-02-08 23:43 | 映画日記
2008年 01月 22日

天然コケッコー

今日は、コミュニティシネマの映画上映会。
今回は
「天然コケッコー」でした!
チケットもぎりなどのお仕事もありますが、最終の上映で映画を鑑賞させてもらいました!
めっちゃ、あったかくて、ほのぼのしててキュンってなる映画。(←私が書くと気持ち悪いですが)主人公役の夏帆ちゃん、かわいい。よくわからないけど、見てる人を引き込む力がありますね。
自主上映の映画会では、マナーの悪いお客さんはほとんどいません。ってか、私は今までみかけたことがありません。大声でしゃべったり、電話にでたりする人もいないので、スクリーンに集中できます。
次回のコミュニティシネマ上映会は2月19日(火)
ミルコのひかりです。
これも私はまだ見てませんが、とってもステキな映画だと信じてます。
また日が近づきましたらお知らせしますが、お時間ある方はぜひ見に来てくださいね!
やっぱり映画はスクリーンで!

by bilibilistudio | 2008-01-22 23:00 | 映画日記
2008年 01月 17日

天然コケッコー

はいっ!
ブログさぼりにさぼりまくってましたーーー!生きてます!元気です!
あまりに更新されないので、心配してくれる人もいたり、いなかったり、、、。
なので、まとめてどばっと更新!!!

まずはコミュニティシネマからの心温まるステキな映画のお知らせでっす。

e0093733_014815.jpg NPOこうちコミュニティシネマ第28回上映会
天然コケッコー
(日本/2007年/121分)

●日時:2008年1月22日(火)
①13:15〜②15:25〜③17:35〜④19:45〜21:46終映
●会場:高知県立美術館ホール
●料金:前売一般/1500円、当日一般/1800円 、中高生/1300円 、シニア/1000円
※チケットは高新PG、高知県民文化ホール、高知県立美術館ホール等で発売中。

田舎で暮らす少女の何気ない日常をリアルに描いた、漫画家くらもちふさこの名作コミック「天然コケッコー」の映画化。
自然豊かな町を舞台に、方言丸出しの少女が初恋を経験し、家族や友達や村人に見守られながら成長していく今を切り取った笑顔いっぱいの物語。ゆったりとした時の流れに幸福感を味わい、涙したくなる、優しく温かな陽だまりのような感動作。
[監督/山下敦浩、原作/くらもちふさこ、出演/夏帆、岡田将生、佐藤浩市]


チケット希望の方は私までメールください。
会場にて受け渡しできるように前売り価格にて、取り置き致します!
当日は、私も会場にいますよーーーー。

by bilibilistudio | 2008-01-17 00:15 | 映画日記
2008年 01月 16日

カッチーーーン

先日、久々にシネコンに映画を観に行ってました。
「earth」か「アイアムレジェンド」のどっちにするのか迷って、とりあえずその日は「アイアムレジェンド」を観ることに。

全然、想像してなかった展開に、ビビりまくり。
あっ、あんな映画だったんですね、、、。へんな汗いっぱいかいてしまいました。

さてさて、シネコンですが、私が映画を観に行くと、必ずといっていいほど、すぐ近くに、うるさい人たちが座ってるんです。

今日は、みんなしずかだねーー、、、。なんてホッとしながら座ってると、映画がちょうど始まったころに、4人組の若者がやってきた。

いやな予感。

そんな予感はばっちり当たり、ぼそぼそ言いながら、斜め前に座ってきた。
うっうるさい、、、。
あ〜〜〜、気が散る、、なんて思ってましたが、だんだん静かになってきたので、気にもならなくなってたのですが、後半にさしかかったころ、一番うるさかった男の子が
「はい、もしもし。ん〜〜、今〜〜〜、映画館。」
はあ〜〜〜〜????
電話にでてるよ!コイツ!
カッチーーーンときた私は、あやうく、男の子の座ってる背もたれを蹴りそうになりましたが、他のお客さんの迷惑にもなりかねないので、そんな横暴なことはやめてみました。(ビビリだし、人見知りも激しいし、めったに、怒ったりしない私ですが、あまりにもカッチーンときた時は知らない人にまで怒りをぶつけてしまったりするので要注意です。)

それにしても、マナーをしらない人たちがいっぱいいるんですね。
ほんと、恐ろしい世の中です。
そして、知らない人にまで切れてしまいそうな私も、ちょっぴり恐ろしいかも、、、
なんて感じる今日ころ頃。

いいニュースで新聞を飾れるように精進しようと思いました。

by bilibilistudio | 2008-01-16 23:22 | 映画日記
2007年 12月 10日

合唱ができるまで

みなさん、こんにちは。

「わたし、めったに風邪ひかないんですよ〜」
なんて、自信満々で自慢して1週間。
どうやら、ひいてしまった風邪。
鼻声、鼻づまり。のどからから。
たいしたことはありませんが、個展前なので用心することにします。

さてさて、コミュニティシネマから今年最後の上映会のお知らせでっす。
感動のドキュメンタリー映画でしめくくりましょう。

e0093733_14574228.jpgNPOこうちコミュニティシネマ 第27回上映会
『合唱ができるまで』
(フランス/2004年/98分)

●日時 12月20日(木)
☆13:30〜☆15:20〜 ☆17:10〜  ☆19:10〜

●場所 高知県民文化ホール(グリーン)

●料金 前売一般1500円、当日一般1800円、中高生1300円、シニア1000円

●内容 
パリの音学院に属するアマチュア合唱団の団員たちが厳しいレッスンを乗り越えていく音楽ドキュメンタリー。子どもに合唱を教える教授法などで知られる、指揮者のクレール・マルシャンによる体全体を使うユニークな発声法は必見。バラバラだったパートが共鳴し合い、最高の調和をみせる合唱の醍醐味を存分に味わうことができる。

※当日は19:00から高知県合唱連盟の協力による生合唱もあります。

チケットの取り置きも出来ますので、お気軽に私までメッセージをください!!
よろしくお願いします!

by bilibilistudio | 2007-12-10 14:57 | 映画日記