びりびりにっき

bilibili.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:お出かけ日記( 87 )


2009年 11月 14日

きかんこうち

今日は、「季刊高知1×17×34展」のパーティに参加してきました。
季刊高知に携わっている人たちが参加するパーティで、すごい方もいたのでラッキーでした。
会場には、今までの季刊高知や、写真の中島せんせーの作品。表紙を担当してる柴田さんの作品やマンガ家さんの作品などもずらりと並んで、楽しかったです。

専門学校時代、学校内のグループコンペで採用された記事が載ってる季刊高知もあったりで、めっちゃ懐かしかったです。

野並さんありがとうございました。

「季刊高知1×17×34展」は卸団地にあるアトラクトラルゴの「ラルゴギャラリー」で、29日まで開催されてます。
興味がある方はぜひ足を運んでみてくださいねー。

by bilibilistudio | 2009-11-14 23:10 | お出かけ日記
2009年 11月 04日

たいこのまつり

お祭りばっかりでほうけているように見えますが、やっぱり関わりのあるものには行っておかないとね!!!
先日、行われた「たいこのまつり」
仕事を一段落させ、うそ、ちょっとさぼり、2日の夜に行ってました。
でもその日はこの秋一番の強風で体感温度は真冬!!!!
カチコチになりながら、我慢できずに1時間くらいで帰って来てしまいましたが、心はとってもあったかい、幸せいっぱいのお祭りでした。
去年よりもお客さんも多く、奈良大介さんもきてましたよ。
e0093733_131121.jpg

葛目さんが大きなたき火?をするとみんなが集まって来てふんどしおどりやジャンベのセッションが始まり、たいこの音がとっても心地よかったです。
e0093733_1323973.jpg

満月がきれいでした!!!!

あまりの寒さに、車に乗って暖房かけたら手がちんちんしたよ。

やっぱり三脚ほしい、、、。

by bilibilistudio | 2009-11-04 03:25 | お出かけ日記
2009年 11月 03日

mowとhygge

先日、キャンドル職人の村山君がでっかいイベントするとのことで行ってました。
「mowとhygge」
南国にあるhyggeの事務所が古い日本家屋で村山くんのキャンドルとのコラボが最高でした。
なんと500人以上のお客さんだったらしいですね。
オープン前↓
e0093733_1234839.jpg


オープン後↓
e0093733_12424100.jpg

とってもステキでした!!!

三脚がほしい、、。

by bilibilistudio | 2009-11-03 01:20 | お出かけ日記
2009年 09月 10日

月がでたでた。

宿毛にいってたついでに、実家に帰ってました。
最近はお月様がきれいで、いつも感動しています。
実家の家から見る風景です。
e0093733_23592434.jpg

よく見ると、月の下に、何か光るものが飛んでますね〜。なんでしょう????

そして、おいっこがやっぱりかわいくて仕方がありません。
e0093733_014679.jpg

この前は立ったまま、お茶を飲んでたら、
「じゅんちゃん、立って飲まれん!」って注意されました。
つれて帰りたいくらいです。

by bilibilistudio | 2009-09-10 23:57 | お出かけ日記
2009年 08月 12日

大月町を満喫

先月から妹が仕事を始めたのですが、夏休みに入って忙しいらしく、おいっこのめんどうをみれなくなり、私が都合つくときは、おいっこの子守りをしています。
で、週末に実家に帰っていました。
沖の島の件や別件などで四万十の方に住んでいるコーディネーターさんと仕事をしてるので、ついでに打ち合わせもできるので、「遊びほうけているわけではない」と自分で思い込んでいます。

今回は大月町の方にオープンした観光ぶどう園の「わっはっは」に行きました。
ぶどうがめっちゃおっきいです。甘いです。おいしいです。でもめっちゃ暑かったです。
ここのぶどう園は入園料はいりません。好きなぶどうをとり、グラム数を計ってもらい、お金を払う。その後、涼しい休憩所でぶどうを食べたり、持ち帰ったり。
その場で、もいだ果物をその場でパクリ!ということができなくてちょっと楽しみが減りますが、味は抜群です。
その場でパクリ、、、、。
↓おいっこのりょうくんは我慢ができなくて、やってしまいました、、、。
e0093733_1128892.jpg

いちお、責任者の方にはすみませんとひとことあやまりましたが、みなさんは気をつけてくださいね〜。

ちょうど、私たちが行ったときに沖の島の下見の時にお世話になったRKCの取材の方も取材にこられてました。
まあ、偶然!


その後、沖の島と柏島の違いを確かめたくて柏島に行ってました。
柏島は離島ではないので、その分行きやすく観光客も多かったです。
海水浴場には人がいっぱい。
ついでにりょうくんと泳いできました。
でも、うにがいっぱい。人もいっぱい。
いろいろ、考えることもあり、私は、遠くても沖の島の方が好きだなあ、、と思ってしまいました。

by bilibilistudio | 2009-08-12 01:13 | お出かけ日記
2009年 08月 02日

酒蔵ロード2009

佐川で、お祭りがあるということで行ってきました。
「酒蔵ロード劇場2009」
佐川の美観ロードで、行われたお祭りです。
酒蔵の白壁に酒井敦美さんの光の切り絵が投影されたり、切り絵の中でライブが行われたり、映像が上映されたりと、雰囲気たっぷりでした。
去年から行われていたとは、、、。

蔵の中で行われていたライブも、熱気むんむん。
飛び入りの葛目くん↓
e0093733_125875.jpg


暗くなると、酒蔵ロードのあちらこちらの白壁に、光の切り絵が姿を現します。
e0093733_144750.jpg

う〜ん。幻想的!!!

by bilibilistudio | 2009-08-02 00:54 | お出かけ日記
2009年 07月 26日

沖の島2日目

沖の島2日目。
朝、6時に起きて、お昼のカレーの材料買い出しに。
足がいたい!、、、はやくも筋肉痛??

行動前にカレーを作っておこうと、シンイチさんとカレーを作る。
2日目は、海から沖の島を調査。
やってきたのは、爆音で音楽が流れてるド派手なクルーザー!
e0093733_22581146.jpg

これに乗り込んで、島を一周!
取材にきてたRKCさんも一緒。
まずは七ツ洞へ。
e0093733_2303049.jpg

水きれい!日本じゃないみたい!

そして、島を一周。
島の裏側(道路がついてないとこ)はなんだか、雰囲気が違う。水も特にきれい。
e0093733_2323826.jpg

↑ここ、たぶんけっこう深いと思うのですが、この水の色&透明度。
およぎた〜い!

島を一周ぐるりとまわり、またまた海水浴タイム!
2日目は久保浦の港。ここも透明度がすごい!
e0093733_2355812.jpg

透明度がありすぎて、飛び込むと底につくのではないかと思いきや、飛び込んでも、潜ってみても、底までたどりつけない。たぶん4.5m以上はあるのかも。
岩場に行ってみると、テーブル珊瑚やきれいな色の魚がいっぱい。エイまでいた!
ここで、足とかを怪我してたようなのですが、あまりに楽しすぎて気がつかず。
陸にあがって人から言われてやっと気づく。
血がだらだらと流れてるよ!

海水浴も十分楽しんで、お昼はカレー。その後、帰り支度をして、爆音クルーザーで鵜来島へ。
弘瀬の港を出発するときに、感動のお見送り?
e0093733_23122685.jpg

それにしても、クルーザーはスピードがあるので、めっちゃ気持ちいい!
昨日の定期便がうそのよう。
そういや、サメも見かけたよ。

鵜来島は沖の島より人口がめっちゃ少ない。
今は廃校になってる学校にて島の人たちとご対面。
e0093733_23183941.jpg

鵜来島には道路もないので、車もバイクも自転車もない。あるのは、人が通るくらいの道と階段。おばあちゃんたちはひょこひょことあがっていく。すごいなあ。。。
そんな島にあるのは春日神社。
この神社のこま犬もすごい。
e0093733_2320105.jpg

ちなみに、この神社には冷蔵庫も完備され、生活感たっぷりな境内だった。

1時間ほど滞在した後、また爆音クリーザーに乗り込み片島へ。

これからやること、てんこもり。
未知の仕事だからがんばろーーーー!

by bilibilistudio | 2009-07-26 23:25 | お出かけ日記
2009年 07月 26日

沖の島1日目

沖の島下見日記パート1

22日午前2時すぎに高知を出発。
午前3時に、高岡のオレンジローソンに集合!
車4台、総勢14名で沖の島の下見に出発!
道中はめっちゃすごい雨。天気予報では、西の方は朝方から晴れるという予報だったので、あまり気にしてなかったものの、西に向かうにつれ、なんだか雨がひどくなる。

やばい、、、定期便は出るのか?
とドキドキしながら宿毛市片島の定期便乗り場に到着。
7時前に定期便に乗り込む。
静かな船内の中、ぺちゃくちゃおしゃべりしてた私と川村くん。はじめは調子良くしゃべってたものの、悪天候のため、かなり揺れる船体にダウン。
あげくの果て、私は我慢ができなくなって、トイレで「オエーーーー」
でも、お酒に酔ったときと同じように、はいたら少し楽になるんですね。
ここまでひどく乗り物に酔ったのは久しぶり。

約、1時間半後、沖の島の弘瀬に到着!
やはり、雨。
あーー。今日は日蝕もあるのに、、と思いながら、滞在先に向かう。滞在先は弘瀬港のすぐ近くなのですが、石段を上っていくので、少々きつい。
滞在先についたみんなは、かなりの酔いもあってみんなぐったり。雨もやまない。。
しばらく、どんよりした空気が流れていましたが、1時間ほどすると、雨もやんできて、みんなも回復。
沖の島の下見にでかける。
島をぐるりと回るということで、車で案内してもらう。途中、車から降りていろいろ説明を受けていると、雲の隙間から部分日蝕を確認!
e0093733_22132752.jpg

肉眼で見てはいけない!といいつつも、みんな空を見上げる。
部分日蝕でしたが、やっぱり、あたりは暗くなるんだあね〜。こりゃ、動物たちもどこかにかくれるはず。

その後、沖の島小中学校へ。
現在、全校生徒4名。教える先生の方が多いようで、教室もとってもさみしい。
e0093733_22243826.jpg

そんな学校の校庭にて巨大ナメクジにご対面。
e0093733_2227658.jpg

やっぱりでかい、、、。

そのうち、お昼のチャイムもなり、いったん滞在先に帰る。
お昼を食べて、弘瀬地区を散策。孤島の太陽や、荒倉神社へ上る。
歩くときはひたすら階段。けっこうきつい。。
荒倉神社のこま犬は丸い。パーツが丸い。愛嬌ありすぎ。
e0093733_22301210.jpg


その後、久保浦や母島の集落を散策したり、古屋野地区にある日吉神社へ。
e0093733_2217298.jpg

日吉神社の階段(写真右)は、天に上るような急な階段。
くずめくんが走ってあがってるのを見て、よし!と思い、負けずに走ってあがってみるが、途中でめっちゃ息切れ。ふと、後ろを振り返ってみると、あまりの高さに高所恐怖症の私はへっぴり腰に。
怖さと疲れで足ががくがく。
がんばれ!私!鳥居まであと少し!
と踏ん張って、鳥居まで到着すると、目の前にまた階段。
とにかくすごいので、沖の島に来たなら一度は上った方がいい神社だよ。

そして、近くのうどの浜海水浴場へ。
ここに行くにも、山道をのぼったりさがったり。
日吉神社で死にそうになってる私は、もう限界。それでも、きれいな海が待ってる!と思ったら、ふんばれる。
ふんばったかいがあってめっちゃきれいな海!

いやー!楽しかった!
そして記念撮影!
e0093733_2242517.jpg


夜は、島の人たちとの懇親会。
e0093733_2245379.jpg

もうすぐで日も沈みます
e0093733_2246202.jpg

姫島の向こうに沈んでいく夕日がめっちゃきれい!!!e0093733_22472552.jpg

あーーー。感動!
そして、懇親会を抜け出して軽トラの荷台にのって、白岩岬へ。
めっちゃきれいな星空で、天の川もくっきり!
ひさびさにこんなきれいな星空をみた!そして流れ星もみた!!!!

いろんな発見と感動ばかりの一日目、終了〜

by bilibilistudio | 2009-07-26 22:50 | お出かけ日記
2009年 07月 03日

空を飛ぶ!!

忙しくても遊びは必要!

そうだ!イラスト描いてる田中さんもいつも言ってた。

自宅で絵を描いてることだけが仕事じゃないよねえ。
ぼくらの仕事は普段の生活が仕事。いろんなところに出かけて行ったり、遊びにいったり。
そこでいろんなものを吸収したり、絵のヒントを得たり、情報を収集したり、感性を磨いたり。
それをもとに、自宅で絵を描く。
自宅で絵を描いてることは「作業」やきねえ。

そうだ。わかってても、こうやって人に熱く語れるなんてとってもすてきです。

ということで、先日、作業をほっぽって、


パラグライダー!!!!


を見て楽しんできたよ!!!

たどり着いたのは高知から一時間半ほどの吾川スカイパーク。
スキー場だった場所が現在はパラグライダーの練習場。

私は、都合上、手を思いっきり地面につけることができないので、「見るだけ」と決めて、一緒にいってた3人が空を滑空?するのを見て、笑って楽しみました。

まずはインストラクターの先生の指導のもと、飛び立つ練習をします。
e0093733_10413653.jpg


練習1回で、実際に斜面の上から飛ぶのです。
先生にサポートされながら、思いっきり走って空に飛び立つ!
e0093733_1042408.jpg

3人それぞれ、走り方も違って面白いので、
ひーひー笑いながら、眺めてました。
うまく風に乗れるまでは、宙に浮いたまま走ってる感じになるので、それもまた面白い!
飛べないくせにこんなに笑っててもいいものか?と思いましたが、楽しいので、しょうがありません。

はじめは、みんなぎくしゃくしてましたが、そのうち、スムーズに飛んでました!
e0093733_10432783.jpg

みてたら、そんなに高くも飛ばないし、
パラシュートはつかうものの、自分の力で飛んでる感じがして気持ち良さそう!!!
着地するときも、手もついてない感じだったので、「私にもできそう!」って思ったり。

でも、飛んだ後に、パラシュートを持ってまた上まで上がるのがめっちゃしんどそうでした!
e0093733_1044230.jpg

by bilibilistudio | 2009-07-03 00:38 | お出かけ日記
2009年 06月 10日

沖の島!!!

行ってきました。初めての沖の島。
「沖の島ARTプロジェクト」(仮)[詳細、また後日]というのを企画しておりまして、とりあえずの下見です。
地元に近く、行ってみたいなあとは思いつつも、一日2便しか定期船がでていないということと船に一時間半も乗らなくてはいけないということで「遠いなあ〜」「酔いそう、、」なんて思ってましたが、実際に行ってみるとその遠さと不安はどこかに消えてしまいました!

天気予報では「曇りのち雨」の予報だったので、起きて雨が降っていたらやめにしようと思ってましたが、雨も降りそうになかったので、予定通り行動!
朝4時半に起きて、土佐清水の実家を5時20分頃に出発。
宿毛市片島から7時出発の定期便で沖の島へ。
ずっと思っていた定期便のイメージは普通の船のちょい大っきい感じでかなり揺れるだろう、、と思っていましたが、イメージよりもずいぶん大きく2階席まであって意外と快適でした!
2階の後部からは外に出ることもできたので、海大好きな私は、船に乗ってる1時間30分のうち、1時間は外で気持ちの良い潮風に吹かれて、髪の毛はもっさり。
田舎者がもっと田舎者に。

片島を出てだいたい45分〜50分くらいで鵜来島に到着。その後、沖の島の弘瀬、母島の順に到着します。沖の島に近づいてくると、トビウオが飛ぶ姿を見ることができます!
トビウオなんて、飛んでも5mくらいだろうと思ってましたが、数十mは飛んでるもようです。
水面ギリギリを飛んでる飛行機みたいでめっちゃカッコイイ!!!
沖の島の白い崖壁を黒潮が削った、七ツ洞というところも船から見ると印象的でした!!
e0093733_21403098.jpg

一時間半くらいで、弘瀬に到着。
e0093733_21393666.jpg

港のそばにある商店の前にいると、おじさんが、沖の島で一番高い山のてっぺんを指差して「今からあの山に行くがやけど、一緒にいかんか?」と声をかけてくれたので、まよわず返事をして、一緒に行くことに。
弘瀬の地区の人たちが集って、妹背山にあるご先祖様のお墓の掃除にいくとのことだったので、軽トラの荷台にのせてもらって山頂に。道路は崖の上。スリル満点。


途中から林道に入り、山頂を目指しますが、亜熱帯植物が多いためか、普通の山では見られない木や植物がうっそうと茂っていて、不思議な雰囲気。そうだ!ジブリの世界だ!!!!
山頂に到着するとおっちゃんが、「山頂でゆっくりしいや」と言ってくれましたが、集落の人が集ってご先祖様のお墓掃除にいくのは、初めてだそうで、「これも何かの縁」ということで、一緒にいくことに。
ご先祖さまのお墓は山頂から800mほど山道を下ったところにあり、観光マップなどには「三浦家一族の墓」と記されています。鎌倉時代に北条氏におわれ、三浦半島からのがれて沖の島に上陸し、住居をかまえて生活したのが三浦家一族であり、沖の島最初の定住者だそうですよ。だから、島の人たちからご先祖さまと呼ばれているんです。

山道を下っている最中にも、不思議な植物や生物にあう。なめくじは大人の親指以上の大きさのものばかりで、きもち悪すぎ!!
ずいぶん下ったところにあるお墓は石碑をスライスしたような感じのものがずらりと並んで
おり、苔がうっすらはえているので、古代の空気につつまれている感じ。
e0093733_21314325.jpg

お墓のまわりには大量の一升瓶などが放置されておりそれを回収したんです。
弘瀬の方に聞くと、昔ここまで水を運んでくるのに利用した一升瓶だそうで、そのまま放置された状態が何年も続き、大量の一升瓶がてんこもりになったみたいです。
みんなで、掃除してお線香をあげ、ゴミが入った袋を持ち、今度は仏が丘に。そしてまたゴミを持って山頂まで、ひーひー言いながら上がりました。

帰りは、適当な場所で下ろしてもらうようにしてたのですが、私たちが乗せてもらった軽トラのなぎらけんいち似のお父さんが「手伝ってもらったお礼に車で島を案内しちゃお」と言ってくれ、車が島内を結ぶ道路を通り、いろいろ教えてくれました。
道ばたのいたるところにハイビスカスの花が咲いていて、まるで南国です!
e0093733_21361163.jpg

道路を歩いていると、めっちゃきれいな海で泳ぎたくなったので、途中、集落がある道を通って、海岸におりました。見たことがない海がそこらじゅうに広がってます。
e0093733_2137996.jpg

人も通らないのでプライベートビーチ状態。水着は持っていってなかったのですが、Tシャツと短パンを持っていたので、その場で着替える、、、。
e0093733_21375060.jpg

その場で着替えれるんです。。。誰も通らないので。
泳いでる最中も、誰にもあわなかったので、裸で泳いだら良かったとちょっと後悔、、、。
今度は水中メガネをもってこよう。

ちょっぴり泳いで、帰りの便の時間に近づいてきたので、歩いて母島へ向かいました。
e0093733_21412783.jpg

島唯一の食堂でお昼ごはん。
オリジナルのタレのそうめんと海の幸いっぱいの炊き込みご飯がとってもおいしかった!!
帰りは3:20発の連絡船。
とってもパワーのある島でした!
ぜったい、妖精が棲んでいます!!!!
e0093733_21385926.jpg

あーーー。明日は筋肉痛だ!!!

沖の島をもっと見たい人はこちらへ

by bilibilistudio | 2009-06-10 23:25 | お出かけ日記