2008年 07月 27日

ハプニング

去年からずっと見たかった映画、シャマラン監督の「ハプニング」を見てきました。
シャマラン監督は大好き。気が抜けないし、全体的に暗い雰囲気と、音楽が好き。見終わった後はなんだか考えてしまうことも多い。
「ハプニング」はネットで検索してみると、賛否両論どころか、批判の意見が多かったみたいなので、どんなものかと思ってました。
シックスセンスやアンブレイカブルみたいな「えーーーーっ!」っていう感覚はなかったけど、
私的にはけっこう良かった。

最近は最悪な事態が起こった原因を政府の陰謀とか、国家レベルの実験におさめてしまうものが多く、一人一人が自分たちの行動まで考えるという気にはならなかったけど、「ハプニンング」はそれを覆すような感じに思えて、またまたいろいろ考えさせられました。
あまり難しいことは考えれない私ですが、良かったです。

by bilibilistudio | 2008-07-27 00:46 | 映画日記


<< 夏の空がすき      絵付け作品 >>