びりびりにっき

bilibili.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 14日

ならけん

今日行ったところ
奈良県/天河神社、蛇の倉七尾山 奥の院

昨日の夜は天川までたどりつけず、山の中にある道の駅の駐車場でテントを張って寝ました。
朝、5時に起きて出発!ぜったい夜は怖くて通れないだろうなあ、、、という細くて樹がうっそうとした山道を登っていくと、朝日に遭遇。気持ちいい夜明けです。
ごとごとと道を走行。奈良県に入ると、川が所々に見えましたが、めちゃくちゃ水がきれい。

そして天川村に無事到着しました!朝、早かったので天河神社では、たまたま朝7時からの朝拝に参加することができました。ここの神様は水と音楽の神様だそうです。芸能関係に進みたい人にもお勧めだそうなので、将来そういう道に進みたいひとはぜひ行ってみては?

その後、洞川に移動して、天川村洞川の蛇の倉七尾山奥の院に登ることにしました 。写真撮影や取材が一切禁止の霊山のためか、観光雑誌や本にはぜんぜん掲載されていません。登り口にはお札や旗がたくさん立ってて、上まで登るには白衣が必要。ちょっと怖い気持ちもありましたが、覚悟を決め、気を引き締めました。登り口で塩をふってもらって登りました。ここもかなりきつい道。しんどいはずなのに足もどんどん上がり、あまり苦になりません。登って登ってやっと山頂?と思ったら最後に洞窟を鉄はしごで登らなくていけませんでした(たぶん建物3階分くらいの高さ)。夏だというのに洞窟の中はびっくりするくらいの冷気。白い息まででます。高所恐怖症の私はどこまで続くかわからない狭い空間のぶらぶらした鉄はしごはできれば登りたくなかったのですが、そういうわけにもいきません。足をすべらせないように泣きそうになりながら奥の洞窟に到着。神様のお水もいただきました。はしごを降りる方が怖いだろうなあと思っていたら、怖さは軽減されてました。ここもなかなかの場所。興味がある方は気合いを入れて登りましょう。霊山を下りると、近くには見学可能の洞窟もあります。ここも冷凍庫のような冷たさでおすすめです。天川村は水もきれいで空気もきれいなのでキャンパーたちがたくさんいました。そしてどこのおみやげやさんにも「だらにすけ」という胃腸薬が売られていたので、記念にだらにすけを購入しました。

私は全然運転しなかったのでらくちんだったのですが、走行距離1200km。怖さと楽しさと気持ちよさと自然のパワーを満喫できた旅でした。天気にも恵まれましたよー。

[写真は奈良の山奥で遭遇した朝日と夕方発見した鳳凰に見えた雲]
e0093733_16271067.jpg


by bilibilistudio | 2006-08-14 23:08 | 不思議日記


<< えっ!あさってから?      みえけん >>