2006年 01月 20日

でもやっぱりお母さんのおすしが一番好き

珍しく同僚と一緒におすしを食べに行ってきました。海で育った私は小さい頃から毎日食卓に魚が並んでいたし、お母さんがおすしも作ってくれてたので、高知にきて自ら進んでおすしを食べにいったことがなかったので、ちょっとドキドキでした。頑固そうなおじさんが目の前でおすしを握ってました。握ってもらってすぐ食べるおすしは美味しいですね。嫌いなサーモンもおいしく食べれました。大トロも初めて食べました。でもわさびが少し苦手な私は食べてはむせ、涙を流してました。一番美味しかったのは最後に食べた茶わん蒸し。お茶碗みたいな大きな器に入ってでてきましたが、ぺろりと食べました。たぶん5個くらいは軽く食べれます。軽く酔っぱらってしまい、体の表面をできるだけホットカーペットにくっつけ、気持ちよく寝てしまいました。ほんとに死ぬよ。

by bilibilistudio | 2006-01-20 23:58


<< なんだか得意げ      ちょっと幸せを感じました >>