2012年 06月 08日

人間ドックにいってきたよ!

行ってきました!
人生初人間ドック&脳ドック。

絶対待ち時間が多いだろうなあ。。。と思ってましたが、順番が朝早い時間だったせいか、妄想列車に乗る事もなかったです。かなり緊張したり、ハラハラもしましたが、とても貴重な体験で楽しかったです。

で、各検査の感想をずらずらと書いてみたいと思います。

★検便
2日分を採取して持っていったのですが、検便がこんなにハイテクになってるとは驚きです。私たちが小さい頃は適当な大きさに割り箸でつまんで専用の袋に入れて持っていってたのに、今はどうでしょう。スティックをうんちの表面をこすりとり、液が入ったスティック専用の小さなケースに入れて保管すればいいなんて!昔みたいに匂いに恥ずかしがる事はないんです!でも、採取した後は冷暗所に保管しなくてはいけないらしいのですが、どんなとこに保管するんでしょうかね。私は今日、ドックに持っていくまではトイレにそのまま置いてたのですが、はじめ、冷蔵庫に保管しようと思ってたんですよ。いくらハイテクになってるからと言って冷蔵庫はダメですよね。

★検尿
当日は、ご飯も食べちゃいけないし、水分もとってはいけなかったので、クリニックに行ってからの検尿なんて、そうそう沢山とれるものじゃないですよ。ほんのちょっとしか出ませんでした。

★採血
今日の採血の人はとっても上手だったのか、チクリともしませんでした。私の腕にスルリと入っていった針の姿が輝いてみえました。

★聴力検査、視力検査
いつもの検診とかわらず。坦淡々って感じ。

★肺活量
肺活量の担当のお姉さんの声の掛け方が楽しくてニヤニヤしてしまいました。
「すって。すって~~~~!はいっ!はいてっ!!!もっともっとーーー!上手です~~~~。はいっ最後まではき切って~~~!」めっちゃ勢いがある喋り方だったので、それにつられてしまいました。

★眼圧、眼底検査
コンタクト作る時にやるやつ。
プシュ!ピカッがやっぱり苦手。

★腹部エコー
妊娠中を思い出しました。

★胃エックス線
初めてのバリウムです!始めに胃を膨らますために炭酸の粉とお水を飲んで、その後、バリウムをストローでごっくんごっくん飲みます。バリウムっておいしくないイメージが強かったのですが、思った程まずくなかったです!バリウムを飲んだあとに、動く板みたいなのに乗っていろんな角度、方向から動かされます。頭が下に逆さに近い状態になったときは「落ちる~~」って本気で思いました。手首が動かない私にっては今日一日の一番の試練でした。
その日のうちにバリウムが顔を出す事なく、ハラハラドキドキしてましたが、翌日さよならできてよかったです。

★身長、体重、お腹周り
身長はよくみてないですが、体重は去年の12月にはかった時より、減ってました!お腹周りも8センチほど縮みましたっ!妊娠前の体重にほぼ戻っているらしい。でもおかしいなあ。。。お腹はまだまだぽっこりなのにね!!!

★脳ドック
機械を目の前にすると、一瞬恐怖ですね。機械の中に入っても、「コンコンコンッ」とか「ジー、ジー」とかいろんなでっかい音がするので、それもドキドキ。頭しか機械に入ってないのに、体中がさわさわするし、なんだか奇妙な時間が20分くらい続きました。
結果も今日でました。担当の先生から説明を受けましたが、その先生がとってもユーモラスな先生。
まず世間話から始まり、脳の写真見て一言。「うーん。詰まってるね〜」って言うので、血管が詰まってるのかと思った私は「えっ!血管つまってますか!やばいですか?」って聞くと、笑いながら「いやいや、脳がぎっしり詰まってる」と。ほんと、血の気が引きましたー。先生の話によると、血管もきれいで、脳もぎっしり詰まってて、きれいな脳!ということ。「鼻の中の骨が曲がってるねー」と言われましたが、ひさびさに褒められたので、ちょっと気持ちがよかったです。頑張れば、今の脳を50歳くらいまでは保てるみたいです。すごいねーー。お酒は、なるだけ飲まないでおこうと思いました!せっかくなので、記念に脳の写真のデータをCDに焼いてもらいました!
最後に先生が「久々にこんなにきれいな脳を見た。ひょっとしたら使わせてもらうかも!」と言ってくれ、またまた浮かれ気味。
いろいろ不安だっただけに ほんと。良かった!。

★脳力テスト
これは、なんだかゲームみたいで面白かった!脳ドックにいっしょについてる検査で、ハンドルとボタンとアクセルとブレーキで、3種類のゲームみたいなもので脳のテストをしました。要領がよかったみたいで、これも「良いですねー」って言われました!

こんなもんだったかな。
人生初の人間ドックは、すごく刺激的な経験でした!

by bilibilistudio | 2012-06-08 22:10 | がらくた日記


<< 母校で1日先生      2012年はじめての更新です >>