びりびりにっき

bilibili.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 10月 05日

やさしい嘘と贈り物

最近、さらになまけぐせがついて、コミュニティシネマの映画情報もうっかり忘れてました!
おとといの日曜日には、「赤い風船、白い馬」を上映しました。やっぱり何回みても、すばらしい作品です!

さて、今日、10月5日(火)にも上映会を行います。
わあ!この作品の監督は24歳!すごいなあ。

e0093733_0125666.jpg
「やさしい嘘と贈り物」
日時●10月5日[火]
(1)13:30〜 (2)15:30〜 (3)17:30〜(4)19:30〜21:05 終映
前売券 /一般 1,200円   (当日1,500円、シニア・高校生以下1,000円)
会場●高知県立美術館ホール

孤独な生活を送る老人ロバート・マローンのもとに、ある日、夢のような出来事が訪れる。スーパーでの仕事を終えて帰宅すると、そこに一人の美しい女性がいたのだ。メアリーという名のその女性は、通りがかったロバートの家の扉が開いており、住人のことを心配したのだと語る。立ち去る間際、彼女はロバートを食事に誘う。久しぶりとなる女性とのデートに心躍らせながら、当日、慣れない場に苦戦しつつも、こうしてロバートとメアリーの交際が始まる。そして2人で訪れたクリスマスパーティー。そこでロバートは、メアリーと会話する男を彼女の別れた夫と勘違いして罵倒してしまう。だが、それはロバートの弟、バックだった。弟の顔をすっかり忘れてしまったロバート。さらに、彼の中で彼女を失うことに対する恐れから、嫉妬心が膨れ上がってゆく。そして、彼女の電話番号も彼女の苗字も忘れてしまっていることに気付いたとき、パニックに陥る。ロバートは自分のあらゆる過去を忘れてしまっていたのだ。昔の自分の写真を目にして、すべてを思い出してゆく。

by bilibilistudio | 2010-10-05 00:18 | お知らせ日記


<< ぱーちー      ホームページ >>