びりびりにっき

bilibili.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 10日

沖の島!!!

行ってきました。初めての沖の島。
「沖の島ARTプロジェクト」(仮)[詳細、また後日]というのを企画しておりまして、とりあえずの下見です。
地元に近く、行ってみたいなあとは思いつつも、一日2便しか定期船がでていないということと船に一時間半も乗らなくてはいけないということで「遠いなあ〜」「酔いそう、、」なんて思ってましたが、実際に行ってみるとその遠さと不安はどこかに消えてしまいました!

天気予報では「曇りのち雨」の予報だったので、起きて雨が降っていたらやめにしようと思ってましたが、雨も降りそうになかったので、予定通り行動!
朝4時半に起きて、土佐清水の実家を5時20分頃に出発。
宿毛市片島から7時出発の定期便で沖の島へ。
ずっと思っていた定期便のイメージは普通の船のちょい大っきい感じでかなり揺れるだろう、、と思っていましたが、イメージよりもずいぶん大きく2階席まであって意外と快適でした!
2階の後部からは外に出ることもできたので、海大好きな私は、船に乗ってる1時間30分のうち、1時間は外で気持ちの良い潮風に吹かれて、髪の毛はもっさり。
田舎者がもっと田舎者に。

片島を出てだいたい45分〜50分くらいで鵜来島に到着。その後、沖の島の弘瀬、母島の順に到着します。沖の島に近づいてくると、トビウオが飛ぶ姿を見ることができます!
トビウオなんて、飛んでも5mくらいだろうと思ってましたが、数十mは飛んでるもようです。
水面ギリギリを飛んでる飛行機みたいでめっちゃカッコイイ!!!
沖の島の白い崖壁を黒潮が削った、七ツ洞というところも船から見ると印象的でした!!
e0093733_21403098.jpg

一時間半くらいで、弘瀬に到着。
e0093733_21393666.jpg

港のそばにある商店の前にいると、おじさんが、沖の島で一番高い山のてっぺんを指差して「今からあの山に行くがやけど、一緒にいかんか?」と声をかけてくれたので、まよわず返事をして、一緒に行くことに。
弘瀬の地区の人たちが集って、妹背山にあるご先祖様のお墓の掃除にいくとのことだったので、軽トラの荷台にのせてもらって山頂に。道路は崖の上。スリル満点。


途中から林道に入り、山頂を目指しますが、亜熱帯植物が多いためか、普通の山では見られない木や植物がうっそうと茂っていて、不思議な雰囲気。そうだ!ジブリの世界だ!!!!
山頂に到着するとおっちゃんが、「山頂でゆっくりしいや」と言ってくれましたが、集落の人が集ってご先祖様のお墓掃除にいくのは、初めてだそうで、「これも何かの縁」ということで、一緒にいくことに。
ご先祖さまのお墓は山頂から800mほど山道を下ったところにあり、観光マップなどには「三浦家一族の墓」と記されています。鎌倉時代に北条氏におわれ、三浦半島からのがれて沖の島に上陸し、住居をかまえて生活したのが三浦家一族であり、沖の島最初の定住者だそうですよ。だから、島の人たちからご先祖さまと呼ばれているんです。

山道を下っている最中にも、不思議な植物や生物にあう。なめくじは大人の親指以上の大きさのものばかりで、きもち悪すぎ!!
ずいぶん下ったところにあるお墓は石碑をスライスしたような感じのものがずらりと並んで
おり、苔がうっすらはえているので、古代の空気につつまれている感じ。
e0093733_21314325.jpg

お墓のまわりには大量の一升瓶などが放置されておりそれを回収したんです。
弘瀬の方に聞くと、昔ここまで水を運んでくるのに利用した一升瓶だそうで、そのまま放置された状態が何年も続き、大量の一升瓶がてんこもりになったみたいです。
みんなで、掃除してお線香をあげ、ゴミが入った袋を持ち、今度は仏が丘に。そしてまたゴミを持って山頂まで、ひーひー言いながら上がりました。

帰りは、適当な場所で下ろしてもらうようにしてたのですが、私たちが乗せてもらった軽トラのなぎらけんいち似のお父さんが「手伝ってもらったお礼に車で島を案内しちゃお」と言ってくれ、車が島内を結ぶ道路を通り、いろいろ教えてくれました。
道ばたのいたるところにハイビスカスの花が咲いていて、まるで南国です!
e0093733_21361163.jpg

道路を歩いていると、めっちゃきれいな海で泳ぎたくなったので、途中、集落がある道を通って、海岸におりました。見たことがない海がそこらじゅうに広がってます。
e0093733_2137996.jpg

人も通らないのでプライベートビーチ状態。水着は持っていってなかったのですが、Tシャツと短パンを持っていたので、その場で着替える、、、。
e0093733_21375060.jpg

その場で着替えれるんです。。。誰も通らないので。
泳いでる最中も、誰にもあわなかったので、裸で泳いだら良かったとちょっと後悔、、、。
今度は水中メガネをもってこよう。

ちょっぴり泳いで、帰りの便の時間に近づいてきたので、歩いて母島へ向かいました。
e0093733_21412783.jpg

島唯一の食堂でお昼ごはん。
オリジナルのタレのそうめんと海の幸いっぱいの炊き込みご飯がとってもおいしかった!!
帰りは3:20発の連絡船。
とってもパワーのある島でした!
ぜったい、妖精が棲んでいます!!!!
e0093733_21385926.jpg

あーーー。明日は筋肉痛だ!!!

沖の島をもっと見たい人はこちらへ

by bilibilistudio | 2009-06-10 23:25 | お出かけ日記


<< まだまだ筋肉もあるもんだ。      あめ、ふるな >>